エクストルーダーの組み立て

以下の部品を準備します。

 プリンターボディー

 エクストルーダー

 エクストルーダーハンドル

 エクストルーダー用モーター

 モーターケーブル

 結束バンド(大):2本

 ベアリング(大)

 スプールギア&止めネジ

 チューブフィッティング

 M3-16ボルト:1個

 M3-25ボルト:3個

 M3ナット:1個

 M5-20ボルト:1個

 M5ワッシャー:1個

 M5ロックナット:1個

下の写真の様に、エクストルーダーのサポート部分をニッパーなどでカットし、除去します。

カッターやヤスリを使用してきれいにします。

この部分にベアリング(大)を入れます。ベアリングがスムーズに回転する事を確認して下さい。

エクストルーダー上部から、ベアリングの中心へ通っている穴にM5ワッシャーを置き、M5-20ボルトを回し入れます。

エクストルーダー底部上部の穴にM5ロックナットを入れて、M5-20ボルトを固定します。軽く締めてあれば大丈夫です。ベアリングがスムーズに回る事を確認します。

スプールに止めネジを軽く入れます。

スプールを止めネジ側が下になる向きで、エクストルーダー用モーターの軸に差し込みます。スプールとモーターの隙間が2mm程度になるようにスプールの位置を調整して、止めネジを締めます。

下の写真の様に、モーターにエクストルーダーを乗せます。モーターとエクストルーダーの向きに注意して下さい。ベアリングをこちらに向けた状態で、モーターのコネクターが左側にきます。

下の写真の様に、エクストルーダー上部にある3つの穴にM3-25ボルトを入れます。

M3-25ボルトを締めます。スプールがエクストルーダーの穴の中央にくる様(スプールとエクストルーダーの隙間が均等になる様)、少しずつ締めていきます。

下の写真の様に、チューブフィッティングを回し入れます。傾かない様にまっすぐ入れる必要があります(が、結構難しいです)。穴の入り口をヤスリ等で広げるなどして、入れ易くするとよいかもしれません。少し入ったら10mmレンチを使って回し入れます。

下の写真の様に、M3-16ボルトとM3ナットを取り付けます。ここは締める必要ありません。ボルトがナットに軽く入っている程度で結構です。

プリンターボディー奥側の縦フレームに取り付けてあるエクストルーダーフレームにモーターを、下の写真の様に取り付けます。

エクストルーダーフレームにある2つの隙間に結束バンド(大)を通して締めます。

注意:結束バンドのストッパー部分がアルミフレームに近すぎると、Vローラーとぶつかる恐れがあります。一度ローラーキャリッジを下げて、ストッパーとぶつからないことを確認してください。

結束バンドの不要な部分をニッパーで切断します。モーター様ケーブルを下の写真の様に接続します。

最後に、エクストルーダーハンドルをモーターの軸の上に設置します。モーターを抑えながらハンドルを回し、問題なく回る事を確認します。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now