電子機器の取り付け

以下の部品を準備します。

 プリンターボディー

 Arduinoマウント

 Arduino Mega 2560

 RAMPS 1.4

 モータードライバー:4個

 ヒートシンク:4個

 ショートピン:12個

 M3-8ボルト:2個

 M3-10ボルト:4個

 M3ナット:6個

下の写真の様に、Arduinoマウントの裏面からM3-10ボルトを4箇所取り付けます。

Arduinoマウントのボルトを合わせてArduinoを取り付けます。

ボルトにM3ナットを取り付けて締めます。

下の写真の様に、RAMPSにショートピンを差し込みます。

モータードライバーにヒートシンクを貼り付けます。

下の写真の様に、RAMPSにモータードライバーを差し込みます。モータードライバーの向きに注意が必要です。

RAMPSをArduinoに差し込みます(仮差し込み)。うまく差し込めない場合は、ピンやソケットの向きや位置を調整します。

一旦、RAMPSをArduinoから外します。以前、ボトムボディー前面下側のアルミフレームの裏側にM3ナット2個入れました。その部分が、Arduinoマウントの斜め部分と対面するようにArduinoマウントを置きます。

上の写真の様に、M3ナットの位置をArduinoマウントの斜め面の両サイドのスリットに合わせます。M3-8ボルトをナットに通します。締める前に、Arduinoマウントを左側へ寄せます。これはUSBコネクタの差込口に空間を確保するためです。位置を決めたらボルトを締めます。

RAMPSをArduinoに差し込みます。狭くて差し込みづらいですが、ピンとコネクタの位置を確認しながら慎重に行います。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now