配線、ベッドの取り付け

以下の部品を準備します。

 プリンターボディー

 電源ジャック

 ベッド(ガラス)

ホットエンドから出ているヒーターケーブルを、下の写真の様に、奥側のモーターフレームの左側の隙間から通します。

RAMPSの青色のコネクタにヒーターケーブルを接続します。ヒーターケーブルに極性はありません。コネクタの「D10」と書かれた端子とそのすぐ下側の端子を、マイナスドライバーを使って緩めます。ヒーターケーブルを差し込み、マイナスドライバーを使って締めます。

RAMPSの緑色のコネクタに電源ジャックを接続します。電源ジャックには極性がありますので注意して下さい。赤色ケーブルが上から3番目、白色ケーブルが上から4番目の端子に接続します。

ホットエンドから出ているサーミスタケーブルを、下の写真の様に、奥側のモーターフレームの左側の隙間から通します。

同様に、ホットエンドから出ているファンケーブルを、下の写真の様に、奥側のモーターフレームの左側の隙間から通します。

同様に、Zプローブのマイクロスイッチから出ているケーブルを、下の写真の様に、奥側のモーターフレームの左側の隙間から通します。

下の配線図の様にケーブルを接続します。ヒーター、サーミスター、マイクロスイッチに極性はありませんが、ファン、モーター、電源アダプターは極性があります。

ホットエンドから出ているケーブル(ヒーターケーブル、サーミスターケーブル、ファンケーブル、Zプローブマイクロスイッチケーブル)をケーブルチューブでまとめます。適当な長さでケーブルチューブを切って調整します。

チューブをホットエンド上部のチューブフィッティングに差し込みます。同様にエクストルーダーのチューブフィッティングにも差し込みます。

 

注意:チューブはしっかりとチューブフィッティングの奥まで押し込んで下さい。チューブが奥(ヒートブレイク)に届いていない場合は、その隙間にフィラメントが引っ掛かり、詰まりの原因になります。

ケーブルチューブとチューブを結束バンド(小)で束ねます。

最後に、ベッドをガラスタブの上に置き、位置を調整してからボルトを締めて固定します。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now