ホットエンドの組み立て

以下の部品を準備します。

 アルミブロック(ノズル、ボルト2個付き)

 ヒートブレイク

 ヒートシンク(チューブ継手付き)

 ヒーター&サーミスター

 ホットエンドファン(ここでは使用しません)

下図の様にヒーターの先端をアルミブロックの穴に通します。サーミスターは上側(ノズルの逆側)にくるようにします。
ヒーターの位置が決まったら、ノズルと同じ面にあるボルトを締めて、ヒーターを固定します。

側面のボルトを一旦外します。

ボルトの穴の右下にある穴に、サーミスタの先端をピンセットを使って入れます。ヒーターケーブルを上方へ曲げるとサーミスターケーブルに余裕ができて、扱いやすくなります。

サーミスターケーブルの間に取り外したボルトを通して締めます。サーミスターケーブルが固定される程度の強さで締めます。

ノズルを一旦締めてから、1/2回転ほど緩めます。

ノズルの反対側にヒートブレークを取り付けます。止まるまで締めます。

レンチを使ってノズルをしっかり締めます。

ヒートブレイクにヒートシンクを取り付けます。

これでホットエンドは完成です。ノズルを交換する場合も同様な手順で行います。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now